未来につながる理想の英語教育

おすすめ!
c2cd16d0a7f926968200d5d809ec9f9e_s

改めてReadingの大切さ

EFFECTスクールでは音読、精読、多読などさまざまなReading指導を軸に子ども達の英語力の育成に取り組んでいることはご存知の通りですが、以下に二人の世界的な小説家の英語習得するに関する取り組みをご紹介します。

まず、かの夏目漱石ですが、「現代読書法」において英語習得について次のように書いています。

「英語を修むる青年はある程度まで修めたら辞書を引かないで無茶苦茶に英書を沢山読むがよい。少し解らない節があって其処は飛ばして読んでいってもドシドシと読書していくと終いには解るようになる。又前後の関係でも了解せられる。其れでも解らないのは滅多に出ない文字である。要するに英語を学ぶ者は日本人がちょうど国語を学ぶような状態に自然的習慣によってやるがよい。即ち幾変となく繰り返し繰り返しするがよい。ちと極端な話のようだが之も自然の方法であるから手当たり次第読んでいくがよかろう。」

そして、今や世界中で有名な小説家の村上春樹さんは、作家としてだけでなく翻訳家としても知られており、あちこちで英語でのスピーチも行い、大変堪能です。しかし、彼は高校時代、英語が苦手で「当時の英語教師が、今僕が、外国小説の翻訳をしているといったら驚くでしょう」と言っています。では一体、村上氏はどうやって英語を身につけたのでしょうか。それは、個人的に好きな小説の原書を英語で読みまくっているうちに英語力がついてしまった、ということです。インタビューでも次のように語っています。「英語を読めるようになるには、英語を読むしかない。どんなトリックや搦め手を用いようとも、どんなメソッドや教授法を選ぼうとも、読むことを代替する手段はない。読むことを避けては、どうにもならない。」

EFFECTでも授業では精読、家庭では音読や多読を指導していますが、特にチャンクと言われる「意味のかたまり」、あるいは「表現の断片」を意識しながら読む習慣を定着させると翻訳を介さず英語のまま理解する直読直解力や速読力がつきます。帰国子女たちは現地校の授業の中で知らず知らずのうちにこのチャンクを習得してきているのですが、これはネイティブがしゃべるときに「息継ぎをしている間」であり、「次のフレーズを考える間」でもあります。ですから、チャンクを意識して音読すれば、読解力、速読力のみならず発話力、聴解力も同時に向上していきます。

ご家庭での音読や当校での貸し出し本、オンライン図書(1700冊あります!)を活用され多読や音読など、より多くの読書に親しみ、子ども達が英語力を伸ばしていくことを願っております。