未来につながる理想の英語教育

おすすめ!
グローバル人材

「グローバル人材」について考える

こんにちは。EFFECT池尻大橋校のKahoです。

さて突然ですが、皆さんは英語の教育にもトレンド(傾向や流行)があるのはご存知でしょうか。ファッションや娯楽などと同様、英語教育も、その時代に求められる英語のあり方によって日々変化しています。このトレンドを理解することはすなわちその時代に必要とされる人材像を把握することであり、またそのことによって今現在どのような学習がより効率的・効果的であるのかを知る手がかりになります。

しかし、英語教育と一括りに言いましても、幼児から大学生また社会人まで、具体的な教育のありかたは多岐に渡ります。

初回である今回はまず、基本的な日本の英語教育のトレンドの大元となる「グローバル人材」についてご紹介したいと思います。今後シリーズとして、大学入試の具体的な傾向についてのお話や小学生や中学生、高校生の英語教育のトレンドについてもこちらのブログでお話していけたらと思います。

 

さて、みなさんはニュースや新聞で「グローバル人材」という言葉を一度は目にしたことがあるのではないかと思います。言うまでもなく、現在の日本は急速な勢いでグローバル化する世界の波の中で、他国に引けを取らない国際競争力を高めるため、政治、経済、科学技術、教育など様々な分野において一層のグローバル化が求められています。日本政府は2012年には「グローバル人材」の育成に焦点を当てた「グローバル人材育成推進会議」を設立し、この政策を急務と位置づけています。

ではそもそも、この「グローバル人材」とは具体的にどのような人材像のことを言うのでしょうか。

経済産業省は「グローバル人材」の必要要素は以下としています。

 

要素Ⅰ: 語学力・コミュニケーション能力

要素Ⅱ: 主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感

要素Ⅲ: 異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティ

このほか、幅広い教養と深い専門性、課題発見・解決能力、チームワークと(異質な者の集団をまとめる)リーダーシップ、公共性・倫理観、メディア・リテラシー等。

以上を見てみると、語学力(ここでは英語とします)は要素の一番目に位置づけられており、もはや英語ができることはごく当たり前で、その他幅広い多くの要素が必要とされていることがわかります。(それにしてもものすごく幅広いですね・・・)さらに、今後の日本においては、英語運用能力を①〜⑤に分たうち、以下の④⑤のレベルの語学力をもった人材が必要とされるとしています。(グローバル人材育成推進会議中間まとめ, 2011)

  1. 海外旅行会話レベル
  2. 日常生活会話レベル
  3. 業務上の文書・会話レベル
  4. 二者間折衝・交渉レベル
  5. 多数者間折衝・交渉レベル

 

このように高いレベルの語学力を求められる今後の日本においては、英語教育の抜本的な改革が急がれています。実際に2014年9月には大学の国際化にむけて重点支援する「スーパーグローバル大学」を選定するなど、具体的な政策を打ち出してきています。現在および今後の英語教育では、政治的・経済的なグローバル化の波の中で安倍現首相が言うように日本が「世界で勝つ」(成長戦略第2弾,2013)ために、読む・書く・聞く・話す、の4技能をバランスよく備え、外国人とのコミュニケーションにおいて優位に立てる能力を高めていくことが大変重要視されています。すなわち、これからは「英語を学ぶ」ということよりも、「学んだ英語を用いてどのように世界で自分を表現できるか」ということが英語教育の最大の目的およびゴールになっていくでしょう。